2017/1/9 英彦山(1199.6m)
豊前坊〜北岳〜中岳〜北西尾根〜観察路〜豊前坊
 平成29年1月9日(月)成人の日 天気 曇り時々雨
 ■出発時間:7時半頃
 ■メンバー:単独
 1月にしては暖かく天候の良い正月だったが山には行けず、ようやく行ける日が来た。
 天候は昨日から思わしくないが、予報では回復に向かっていて「曇りのち晴れ」とある。
 期待をして出かけるが、油木ダム辺りから土砂降りになって気持ちも下り坂となり、それが腹立たしさに段々変わってくる。
 豊前坊についても雨が降っていてスマホで雨雲レーダを確認するが、既に通り過ぎているようだ。待つこと40分、ようやく止んだようなので出発する。
 高住神社で参拝して北岳へと歩く。さすがに登山者は少ない。
 北岳だけはガスで覆われ、このまま中岳まで展望もない霞んだ世界を歩く。
 中岳に着くとちょうど昼である。小屋には先客が一人いて暖かそうな食事をしていた。
 私もサーモスでインスタント味噌汁tを作り、今朝握ってきたおにぎりをほおばる。
 ちょうど食べ終わったころに3組の登山者がやってきたので席を譲る。どうも天候回復はまだまだのようなので最短で下山できる北西尾根を降ることにした。いずれにしろガスで景色を楽しむことはできそうにない。
 北西尾根の岩場には北岳への岩場にも設置された新しい梯子があった。(梯子がない頃は、苦労して上り下りしたのだが・・・・)
 散策路の分岐から真っすぐ降らずにスキー場への散策路を歩く。
 時間もたっぷりあるのでのんびりと鼻唄でも歌いながら歩くとしよう。でも一人だとどうしても急ぎ足になる。 参道に出ると鹿が跳ねていて心も和む。食害とは言え、憎めない可愛い存在だ。 豊前坊に無事着いたが、青空は広がらない。逆にそれで良かった。今日も自然に山に感謝!!
 ■コースタイム
  豊前坊-(45分)-北岳肩-(22分)-北岳-(25分)-中岳-(50分)-スキー場-(25分)-豊前坊※休憩時間は含まず。全行程で約3時間10分でした。
今回のコース(クリックで拡大)
豊前坊を出発(10:00)
天狗杉・・・神社で参拝 神社の脇から登山道に入る(10:10) 奇岩群
屏風岩の横を行く 望雲台への分岐
根が露出している 雪がわずかにある 石の上を歩く
きれいなシオジ林 救世安民の碑 溶岩の壁
木の階段 北岳の肩(10:48) 梯子がかけられていた
霧の中だと幻想的 北岳(11:12) 御社
巨石を通過 白蛇 ガスで景色見えない
しばらく続く縦走路 キノコ発見 岩場を登り返す
岩のテラスからも展望なし 梯子がF設置されている 中岳頂上は近い
中岳頂上(11:36) 小屋で昼食 静かな山頂
北西尾根を降る(11:56) 草が赤くなっている ガスって視界が悪い
目印になるね 急斜面を降る ここにも新しい梯子が(12:05)
ヤセ尾根を行く シャクナゲだ 良い雰囲気の場所
シャクナゲの群落 花芽もある 奇木
沼地のような場所 栗だ! ロープが張ってある
バードラインとの合流点(12:32) 岩にしがみつく木 苔がきれいだ
スキー場に出る(12:45) 雪は全くない 青年の家
鹿だ! 参道出口 無事豊前坊(13:09)
終わり
気温は1度(車の外気温は5度)
   
山日記トップへ