2016/1/31 石谷山(754.4m)・九千部山(847.5m)
御手洗ノ滝キャンプ場P-御手洗ノ滝-石谷山頂上三国峠-九千部山頂上-三国峠-御手洗ノ滝キャンプ場P
2016年9月25日(日) 曇り一時雨
 ■出発時間:午前6時35分JR下曽根駅、6時50分小倉南区役所横公園   
 ■メンバー:男性7人、女性8人 計15名
 石谷山の頂上は、樹林に囲まれているが、九千部山はアンテナ群はあるものの展望台に立てば360度の展望が期待できる。以前、九千部山坂本峠から石谷山御手洗ノ滝から歩いたが、この両方をつなぐと変化の富んだコースになるはずである。
 
御手洗ノ滝(おちょうずのたき)を見物して登山道に出ると沢沿いに歩く。林道を横断するとやがて急峻な自然林の中となり石谷山頂上に着く。ここまで花はないが、たくさんの種類のキノコを見て楽しんだ。
 山頂では、
七曲峠から来たと言うグループにお会いする。
 その
七曲峠への分岐点でもある三国峠からは、平坦で歩きやすい道となる。ルンルン気分だが、途中でメンバーの一人が足をつってしまうハプニングがあった。幸い大事に至らず、回復し最後まで皆と一緒に歩くことができた。
 
九千部山の頂上は舗装された道とアンテナ群で趣に欠けるが、山頂標識辺りは広場になっていてのんびりできる。
 展望台は、
石谷山で出会ったグループが全員で食事をして休憩のため陣取っていたので遠慮しながら展望台に立つ。ま、霞んでいて展望は良くないので良しとしよう。
 山頂で食事を済ませたころ、雨がぽつ.りぽつりと降ってきた。集合写真を撮って下山開始。アンテナ群の所のトイレに立ち寄り、往路を戻る。滝の手前から右回りに下り、無事
御手洗キャンプ場に。少々残念なこともあったが、メンバー全員無事で下山できたし、今日も自然に山にメンバーに感謝!! 
 ■コースタイム

 P-(20分)-御手洗ノ滝-(60分)-林道-(35分)-石谷山頂上-(8分)-三国峠-(50分)-四阿屋分岐-(10分)-九千部山頂上-(60分)-三国峠-(8分)-(37分)-林道-(45分)-立石分岐-(25分)-石谷山頂上キャンプ場P※休憩時間含まず。全行程で7時間20分。     
今回のコース(クリックで拡大)
御手洗ノ滝キャンプ場駐車場(8:40)
キャンプ場入口(8:50) 第二の滝 第一の滝
ツチアゲビだ! 帰路は石立方面へ降る予定 降りもある
沢を渡渉 うまそなキノコだけど・・・・ 巨石
林道を横断 抉れた登山道 炭のようなキノコ
大きな古樹 石谷山頂上にて(10:45) 三国峠(11:03)
歩きやすい尾根道 抉れた場所もある 四阿屋(あずまや)分岐(12:10)
グリーンピア那珂川分岐(12:12) キバナアキギリ(黄花秋桐) 苔がついた岩がたくさんある
急に開けたと思ったら(12:19) アンテナ群が目に飛び込む 奥の広場でランチタイム
展望台の方位盤を囲むメンバー 霞んでいる 展望台から広場を見下ろす
全員で テーブル状の大きな石 ピンクのツリフネ
再び石谷山頂上(14:20) 急斜面を慎重に降る 林道に出る(14:57)
滝には行かず立石方面へ(15:43) 階段を歩く 丸太の橋を渡る
お疲れ様でした
キャンプ場に出る 無事駐車場に(16:00)
   
山日記トップへ